パソコンソフトの力を借りて(なんちゃって)クリエーター気分を味わってみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに年賀状を作ってみた

今年は久しぶり(8年ぶり)に年賀状を作ってみました。
せっかくコミPo!を入手したのでそれを使って。



他の人が作ったコミPo!の年賀状に触発されて挑戦してみたものの
今ひとつ思ったようなレベルには到達できませんでした……
操作レベルもまだまだだけどレイアウトの経験値が全く足りてないなと。
まぁ、前に作ったのは既存のデザイン素材に文字を乗っけただけだし
今回は絵はともかくレイアウトは自前なのでこれが実力ってことすね。
キャラ絵がついてて華やかなのは昔のよりも良いんじゃないかなと。

比較のために昔作った年賀状も載せておきます。
(ホームページ容量の都合で撤去してたのを復活しました)

1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年

デキがもうひとつな私の年賀状でコミPo!の実力を語るのもアレなので
他の人が作った年賀状をいくつか紹介しておきます。

穢れた力さんの うさぎバージョン年賀状 おなごバージョン年賀状

見えないかもしれないけど上の年賀状はこれを参考にしました(汗)。
ウサ耳人間とうさぎを抱えた人間なら面白いかもと考えたわけです。
比較できるレベルになってませんが……
このウサ耳人間バージョンは首まわりを結構調整してあるみたい
ポーズ選択画面でのイメージとはずいぶん違うものになってます。
このへんは実際に操作しながら覚えていくしかないんだろうなと。

ちなみに私の年賀状でウサ耳の方(こみぽ)がかがんだポーズなのは
背を伸ばしたポーズだと耳か足が切れてしまうからだったりして。
前にも書いたけど全身が納まる程度までしかカメラが引かないので
余計なオプションがついてるとキャラ枠に収まらないのでした……
同じキャラを2枚重ねする手法を使えば出来るのに後で気付いたけど。
そんなトリッキーな方法じゃなくてもっと引けるようにしておけと。

いまざきいつきさんの よ~せ~とあたし年賀状

コミPo!の作品を見てる人には常識のいまざきさんの年賀状。
これはそんなに凄いことはやってないように(私には)見えるけど
アイテムの配置とかサイズの選択がやっぱり並のレベルではないなと。

FrisbeeDolphinMさんの 着物バージョン年賀状

着物なんて無いのにどう実現してるのかと思えば輝きを並べてんのね。
※上のリンクからコミPo!ファイルもダウンロードできます
確かにデキはするけどテキトーに並べていてはこうならないですよ。
明確に完成したイメージを元にアイテムで描画していく感じなので。
バラの模様をこんな使い方するなんて私には想像できなかったよ……
ちなみに目のとこにもいろいろ重ねて印象を変えてます。芸が細かい。


過去の年賀状を見てて思ったけどいろいろなフォントを使ってるなと。
実はこのへんのフォントは久しくHDDに入ってませんでした(汗)。
マシンが壊れたりOSを乗り換えたりして環境を改めて作り直した後に
画像加工をすることがなかったからフォントを入れなかったのです。
ソフトをインストールすると勝手に入るのしか入ってなかったわけです。
せっかく山ほど買って持っていたのに……
(買ったのは何年も前の話です)

そんなわけでこれまた長い間の懸案だったフォントの選別をしました。
せっかく入手したコミPo!をもっと活用するためにも、ってことで。
手持ちのフォントを全てHDDにコピーしてざっと種類毎に分類して、
種類毎に印刷見本を作って(PDFとして)、使いそうなのを選んだのです。
簡単に書いてるけど確か一連の作業で2日ぐらい掛かったはず……
時間が凄くかかるのがわかってたから先延ばしにしてたわけですよ。
今までフォントが入ってなくても全く困ってなかったしね。

フォントがあるとどう変わるかを実際に試したのを載せておきます。
前回作ったやつのフォントだけ差し替えたバージョンを。
比べやすいように差し替え前(左)のと差し替え後(右)のを一緒に。

比較例がブログだと入らないので別ページにしました

差し替えたバージョンは元ネタにかなり近いフォントを選んで有ります。
差し替え前のに使ってるフォントは知らぬ間に入ってたフォント(汗)。
(どのソフトがインストールしたのかわからないってこと)
やっぱりちゃんとフォントを選択するとずいぶん印象が変わるなと。
マンガにとっては文字も画面を構成する絵のひとつなわけだから。

ついでにフォントを選別してた時に浮かんだアホな4コマを(オリジナル)。



去年のうちに先行してpixivにアップしてたコレです。
デザインのいいフォントを散りばめたおかげで見た目だけは上等な感じに。
見た目がどんなにマシになっても内容がしょーもないのは変わらないけど。

参考までに使ってるフォントを書いておきます。
題字が FG角ゴシック体Ca-B
2コマ目のかなめのセリフが DFクラフト遊W5
3コマ目のタイトルが FGセイビミナトB
3コマ目の本文と2コマ目のツッコミが GTタイプバンク明朝M
4コマ目の勘亭流が DF勘亭流 オチてないよが DFPOP1体
古印体が FGC&G半古印 ムキーが FG創英イオリ体1
残りの通常フキダシが RFナウ-MB

どこでどんなフォントを使ったらより適切なイメージを与えられるかは
商業誌の作品をいろいろ観察して真似てみるといいかもしれない。
もちろんある程度は妥協しないとお金がいくら有っても足りないですが。

この後もしょーもないネタはいろいろ思いつきました。
やらないといけないことが山盛りでこの後はひとつも作ってないけど。
それでも創作する手段があると意識が違ってくるのだなと痛感したり。

4コマじゃないシリアスで少しページ数のあるネタまで思いついたよ。
今の(自分の)表現技術で思った感じに表現できるかは微妙だけど。
自分の中で思い描いてる予定表の中ではもっとずっと先のレベルなので。
もっと既存のネタや他人の表現を真似て操作法を覚える必要が有るし。
それでも何とか完成させてCOMEEのコンテストに参加できたらいいなと。
参加することに意義がある(汗)という意味で。

ところでCOMEEは最近コミPo!マンガに占拠されてるけどいいのかね?
公式とタイアップしてコンテストやってるから仕方ないとはいえ。
手描きで頑張ってる人にとても申し訳ない気がするんだけど……
コミPo!を除外して表示するモードとかも付けたほうがいいような。

まぁ、機能とか操作性とかはそれ以前の(論外な)レベルですがね。
ページを画面いっぱいにしか拡大できないと文字が読めないじゃん
仕方ないのでFirefoxで画面拡大(CTRL++)を使って見てます。
※IE6だと画面のレイアウトがぶっ壊れます
作品ページを開くたびに閲覧数が加算されていくのもどうかと思う。


この後、他の人のコミPo!作品を紹介しようとか思ってたんだけど
(他のことをやってて)今回は時間が足りないのでまた機会に。


フォントの話のついでで安価なフォントパッケージを紹介しておきます。
もっと高いプロ用のフォントは和文フォント大図鑑あたりを見てね。
私は言及したり評価したりできるレベルじゃないので。
フリーのやつも数が多すぎて手に余るので自力で頑張れってことで。
※和文フォント大図鑑でもフリーフォントは紹介されてます
基本的な書体と特徴のあるデザインはフリーで集めるのは大変なので
安価なパッケージをひとつ買ってしまうのが手っ取り早くていいと思う。
コミPo!すら高いという人はフリーので頑張るしかないですが。
どっちにしろ上を見たら(金銭的にも)キリがないので妥協は必要です。

手描き系のフォントに関してはフリーの方がいろいろと選べると思う。
パッケージのは整いすぎや崩れすぎやクセが強すぎなのが多いので。
私は うずらフォント を入れてみたよ(まだ使った作品はないです)。

DynaFont プラチナパック TrueType for Windows



フォントパッケージに価格破壊を起こした先駆者の最新パッケージ。
なんと和文フォントが258書体も入ってる。手描きフォントも多い。
かなり幅広く網羅的で珍しいフォントでもウエイト違いが揃ってる。
持ってて損はないです。私は書体少なかった頃のしか持ってないけど。
※自分で作って自分で(同人誌とか)売る分には商用可

TrueTypeWorld ValueFontD2



Windows付属のフォントやオフィスに付属するフォントを作ってる
リコーのフォントパッケージ。ある意味純正のオプションフォント。
数的に他に比べると見劣りがするけどここにしか無いのが結構あります。
特に創英企画の書体(イオリ体とか)が含まれてるのは今はこれだけです。
※商用(一次利用)は別料金(1書体2万ぐらい)なのでご注意

FONTWIRE 3400 for Windows



いくつかのフォントメーカーのフォントがごっそり入ったパッケージ。
アーフィック・C&G・日本リテラル・システムグラフィのが中心かなと。
網羅的だしフォント数も多いし結構いいパッケージだと思われます。
次のFONT×FAN HYBRIDとは収録書体が結構かぶるのでよく比較するべし。
※商用(一次利用)可能

FONT×FAN HYBRID



商品のコンセプトがFONTWIRE 3400とそっくりで中身もとても似てます。
こちらはアーフィック・C&G・日本リテラル・TYPE C4のが中心かなと。
網羅的だしフォント数も多いしこれも結構いいパッケージですね。
FONTWIRE 3400とこれはライセンスもかなり緩いので使いやすいし。
※商用(一次利用)可能

丸徳フォントパック



個人使用に限定してニィスのフォントをごっそり詰めたパック。
ゴシック漢字と明朝かなを組み合わせたマンガ用フォントもあります。
全体的にフォルムが柔らかいのでマンガ用途には結構向いてると思う。
デザインが気に入るならオススメです。私はここの書体が結構好き。
個人用で質が落としてあるみたいなので印刷だと問題が出るかも!?
※商用に関しては何も記述がない

Fontcity4



伝統的字体の採用とOASYS専用文字が入ってるのが特徴のパッケージ。
書体は他より少なめだし基本書体のデザインが他より見劣りしたりする。
メジャーどころは一応は揃ってるし面白い書体も有るにはあるけど。
※商用に関しては何も記述がない

FontGallery Deluxe CD Super 2 (販売終了)



キャノンが中心で進めてたFontGalleryシリーズほぼ全部入りパッケージ。
基本的なのから面白いデザインまで幅広くて使えるパーケージ。でした。
C&G・日本リテラルのはFONTWIREやFONT×FAN HYBRIDで手に入るけど
たかデザインのフォントなどは今では安価に入手する方法がありません。
創英企画のもTTWのは抜けが多いので大半は安価に入手できないし。
ほんとに惜しいパッケージをなくしたものです……
※使用ランセンスが書体ベンダー毎に違う


買ってもいいけど一万円前後はさすがに手が出ないという人は
アプリケーションにバンドルされてる書体を狙うといいです。
書体が高かった時代は付属フォント目当てに買いあさったものです。
安価なフォントパックが増えアプリケーションの値段が下がったので
フォントがバンドルされることは昔に比べたらずいぶん減ったけど。
それでも年賀状印刷ソフトあたりには今でもいろいろ付いています。

例えば 筆王2011 Select版 なんか2000円でフォントが色々ついてる。
142書体とか書いてあるけど漢字フォントは20~30書体ぐらいだろうね。
※具体的に何がついてるかサイトに書いてない
それでも昔の値段に比べれば十分すぎだろうという気がしますが。
今現在何も持ってないならこれだけでもずいぶんとマシになるかと。
ただしリコーのフォントはライセンスに注意が必要です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navidocreation.blog119.fc2.com/tb.php/7-c0f27da0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。